歯の裏側からの見えない治療(リンガル矯正)

リンガル矯正とは

周囲の人に気づかれずに歯並びを治したい!

歯並びを治したいけど、他人に見られるのが嫌で、矯正治療をあきらめていませんか?
矯正装置を歯の裏側につけることで、そのようなお悩みにお応えします。

リンガル矯正は、裏側矯正・舌側(舌側)矯正とも呼ばれ、矯正装置を歯の裏側に装着するので、周囲の人にほとんど気づかれることなく、歯並び・噛み合わせを治療できます。

「歯並びは治したいが、目立つ矯正装置は付けたくない」
「職業柄、人と接する機会が多いので目立つ表側の矯正装置が付けられない」
という方に、おすすめの治療法です。

治療には、上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正を施すハーフリンガルという治療方法がありますが、裏側矯正のメリットを完全に生かしきれないため、上下ともリンガル矯正をされることをおすすめします。

メリットとデメリット

  • メリット
    目立ちにくく、見えにくい
    下の歯を後ろに動かしやすい
    上下の歯の噛み合わせを調整しやすい
  • デメリット
    最初は違和感を感じ、しゃべりくい
    食べた物が引っかかると、取りにくい
    舌を傷つけることがある
    治療費が少し割高である

治療期間

治療期間としては通常1~3年くらい、ご来院は1ヶ月に1回程度が目安となります。
治療期間は、歯並びの状態によって大きく変わります。

痛みについて

矯正装置の装着後、歯が動き始めると、食事などで上下の歯を噛みあわせた時に、少し痛みを感じることがあります。
痛みには個人差はありますが、たいていの場合は、1~3日程度で治まります。

治療の事例 ~あなたのタイプはどれですか?~

業生1(ガタガタ) 業生2(ガタガタ) 業生3(ガタガタ) 出っ歯1 出っ歯2 上下前突1(口元が出ている) 上下前突2(口元が出ている) 開咬1(前歯で噛めない) 開咬2(前歯で噛めない)